読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああああ

漫画・本・映画・演劇・その他コンテンツの感想を書く場としてがメイン。日本語の練習を兼ねています。

TOEFL完全に失敗した

TOEFL完全に失敗した。今が火曜日(水曜日)で、それは土曜日のことだ。

試験開始は10時から。「早めに着こう」とTOEFL攻略サイトにあったので、9時30分前ぐらいに到着。しかし会場には既に10名ほどの参加者が手続きをしており、完全に出遅れていた。
さらに手渡された同意書。「トーフルのこういう基準に私は同意します」みたいな誓約書を、筆記体で写経を強いられる。筆記体なんか人生で使ったことないよ。全くもって時間がかかった。どんどん出遅れた。
待つこと30分ほど、10時半ぐらいに会場に入れる。マイクテスト。It does't work。席を移る。ようやく始まる。既にリスニングに移っている参加者も居たように思われた。
リーディング、第一問に語彙問題が体感で以上に多く(5問ぐらいあった気がした)、戸惑う。しかもよく解らない。20分強を使いつつ、第二問へ。解らない。第三問。残り時間に気を使いつつ、採集問題まで来た。残り1分30秒ほど。う~んと悩んでたら回答し終える前にタイムアップ。0に近づくと意識が消える。
リスニング、教員と生徒の会話が全然わからん。しかも、スピーキングを始めた学生も居て、耳が痛くなるほど(もともと僕は耳が痛みやすいのに)音量を上げざるを得ず、集中力が瀕死。
休憩。甘いモノとお茶を飲む。かなり疲弊していた。
ピーキング。問一が、簡単な題材を予期していたのに「最近あなたの国で起きた政治的な変化」で、慌てて混乱。あとはまぁ大体できない。
ライティング。なんか当時はうまく書けた気がしていたけど、思い返すと意味を全く逆に書いていたり、意味が通らない英文を書き連ねたりしていたような気がして、もう死ぬしかない。

23000円あれば何でもできる。僕はトーフルを受けた。それでも、僕以外の人間に迷惑をかけながら、世界は回るし計画も進む。