読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああああ

漫画・本・映画・演劇・その他コンテンツの感想を書く場としてがメイン。日本語の練習を兼ねています。

2014年漫画ランキングを作りました

個人的な、2013年漫画ランキングです。1位から30位まで。
集計期間は2013年11月1日~2014年10月25日。

この間に始まった、単行本がでた、などなど今年の漫画が対象。


30位 ねこもくわない

f:id:kuroasagi:20141217104101p:plain
カレー沢薫先生はくだらなくていいなあ。

29位 ちーちゃんはちょっと足りない

阿部てんてーはおもしろいなあ。本作で世間的に認知もされたけど、「ちーちゃん」は別に阿部共実のブレイクスルーってわけではなく既刊の延長線上にに過ぎないと思うので、これから飛躍してほしい。

28位 あの子の家

あの子の家 (リュウコミックス)

あの子の家 (リュウコミックス)

ある女の子が、安寧の家を飛び出し、孤独や危険に身を晒すことで世界と自己との境界線を知り、自立しようとする物語。それをほんわかとした寓話の世界で表現していて楽しい。

27位 蟹に誘われて

蟹に誘われて

蟹に誘われて

ベルトコンベアに流れるココナツを割るだけのバイト(発電所)って、悪い夢みたいな叙情があるよね。

26位 いぬやしき

いぬやしき(1) (イブニングKC)

いぬやしき(1) (イブニングKC)

高品質エンタメかつ現代性がある。笑えるし、サイコーやん。

25位 週刊少年ガール

週刊少年ガール(1) (講談社コミックス)

週刊少年ガール(1) (講談社コミックス)

一発ネタかとおもいきや、意外と引き出しが多い? ベタ目も可愛い。

24位 スペシャル

f:id:kuroasagi:20141217104112p:plain
『成程』に比べてくどさが減った気がする。読みやすい。

23位 クリームソーダシティ

f:id:kuroasagi:20141217103322p:plain

22位 かつて魔法少女と悪は敵対していた。

藤原ここあはもう何も考えんでええと思うわ。ちょっと考えなさすぎかもしれんけど。

21位 きみ!さいよー!

就活を軸にしつつ、孤島インターンシップにオチを広げていく姿勢が良かった。クオリティが安定してるのも吉。

20位 いちえふ 福島第一原子力発電所労働記

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(1) (モーニング KC)

漫画としては全然面白くないけどこの作品が世に出るってことはそれだけで20位ぐらいの価値がある。

19位 ハウアーユー?

ハウアーユー? (FEELコミックス)

ハウアーユー? (FEELコミックス)

敗戦処理に漂う切実さ。

18位 ニンジャスレイヤー

良いコミカライズで、作品が愛に包まれていることを教えてくれる。

17位 ペーパーブレイバー

ギャグのセンスも、シリアスの塩梅も、面白い。惜しむらくは打ち切られたということですが、作者はまだ20歳ということで、また面白い漫画を書いてくれると期待しよう。

16位 リクドウ

リクドウ 1 (ヤングジャンプコミックス)

リクドウ 1 (ヤングジャンプコミックス)

必死やね。

15位 ぼくらのゆくえは

ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)

ぼくらのゆくえは (マーガレットコミックス)

みんなそれなりに頑張って生きてんねんから、俺ももうちょっと頑張ってみようかなって思わせてくれる渡辺カナ先生のことが僕は大好きです。

14位 夕空のクライフイズム

夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)

夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)

最高の負け試合をするための超攻撃的サッカー漫画。3巻までで第一部完。3巻がとても良かったから読んでみるといいよ。雨ちゃんはぐうかわ。

13位 働かないふたり

働かないふたり 1 (BUNCH COMICS)

働かないふたり 1 (BUNCH COMICS)

絶望と希望と欺瞞と真実と生と死が全て詰まってる。

12位 ムシヌユン

ムシヌユン 1 (ビッグコミックス)

ムシヌユン 1 (ビッグコミックス)

圧倒的キモさと背景で進む物語のスケールのデカさ。これから楽しみ。

11位 謎解きドリル

謎解きドリル(1) (ガンガンコミックスONLINE)

謎解きドリル(1) (ガンガンコミックスONLINE)

1~3話の完成されたテンプレ感、よかった。

10位 濃縮メロンコリニスタ

ウヒョ~!

9位 ぷらせぼくらぶ

ぷらせぼくらぶ (IKKI COMIX)

ぷらせぼくらぶ (IKKI COMIX)

次回作も楽しみ。

8位 夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない

夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニング KC)

夢から覚めたあの子とはきっと上手く喋れない (モーニング KC)

新連載が西村ツチカっぽくて悲しい。

7位 ヤコとポコ

癒やしを求めた。うさくんの過剰さが若干ヌケてて読みやすい。

6位 デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション

震災当時の空気感と、いにお氏のギャグセンス。サイコー。

5位 ib

打ち切りおめでとう! 2巻まではそんなに悪くもない。

4位 セトウツミ

セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

セトウツミ 1 (少年チャンピオン・コミックス)

僕はラーメンズとかサンドウィッチマンとかが好きなんですけど、そういう人は波長が合うんじゃないですかね。

3位 子どもはわかってあげない

慣れ親しんだ優しい空気に包まれて、気持ちよくなってしまった。期待の新人。

2位 僕のヒーローアカデミア

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

最大風速感。これからも頑張ってほしい。

1位 聲の形

聲の形(1)

聲の形(1)

人生辛いことあっても生きてかなあかんねんなあ、と思わせてくれる。構成・視点の効果・マンガ表現も上手い。引き伸ばさず構想を過不足無く漫画に収められる環境というのは素晴らしいことだと思う。アニメ化やこマす効果でより多くの人に届けられるのは(安直に誤解されるのではという)不安も大きいが、まあ、心を打つべき人に届けばそれでいいか。


もっと多くのコメント・レビュー・座談会が掲載されている京大漫トロピー(id:mantropy)の最新号を冬コミ(3日目東S-31b)で頒布します。また、京都大学ライトノベル研究会(3日目東S-48b)にも小説・WEB漫画評論・SNS評論を寄稿します。

あと、俺の漫画100選みたいなのが最近流行ってるみたいですが、その1つで「ヤサシイワタシ」が「大脳のどっかが欠如してるとしか思えないヒロイン」などと紹介されていて大変不快だったのでその企画もいつかやりたい。