読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああああ

漫画・本・映画・演劇・その他コンテンツの感想を書く場としてがメイン。日本語の練習を兼ねています。

「バケモノの子」観た

友人に誘われて「バケモノの子」を観たので感想を書く。

「親を失った主人公が立ち直る」という分かりやすい縦筋があったので、個人的にはけっこう楽しめた。
また、その成長が血縁以外の要素によって支えられていたことが興味深かった。
主人公の悩みは、熊鉄、豚、猿、楓、バケモノ世界の住民という、「親」でも「学校」でもない、「地域共同体」的存在によって解決されていく。それは現代日本で消えつつある、第三者の大人たちだ。実際、後半登場する蓮の父親は、蓮を迫害することはないが、窮状から救い出すこともしない。彼は彼なりに蓮を探していたらしいし、別にそれを非難してるわけではない。ただ、主人公にとって逃げ出す場所があった、ということが重要なのだ。
親を失った蓮も、熊鉄に父親の影を重ねることはない。熊鉄が父親代わりの気分になっている、という言及はあるが、擬似家族としての絆を強調しているわけではなく、不完全な存在である「親」もまた成長の途上であるという指摘だと思った。

「家族」ということさらに枠組みを強調せず、しかしこの映画は明らかに家族向け(子供向け?)である。
その点で有意義だと思った。*1

また、作中の悪役は、倫理観の欠如した不良などではなく、誰もが抱える「心の闇」であり、それは「自己抑圧によって知らぬ間に強化されている」というあたりも、現代的だなぁと思った。「自分がバケモノの世界では異質の「人間」であることを受け入れられないがゆえに、人間である主人公を憎む」という、投影の模範例みたいなキャラだったし。
対決する際にも、「自分も彼のように闇に堕ちていたかもしれない」、「彼の悩みは自分のものでもある」と、解決方法に「共感」を採用している。他人の気持ちを慮る想像力は必要やからな。

「誰もがそこそこに抱えている暗い部分を、劇的に解決すること無く、抱えたままなんとか生きていく」という終わりも、現実的な落ち着け方だと思う。蓮が闇堕ちしかけたとき、白い謎の生き物や楓のお守りのお陰で踏みとどまったシーンでは、ヤサシイワタシの、「もうダメってなってる時間を やりすごせるかどうかって 運とかだと思うの わたしがやらないと思う理由を 死んだ人が持ってなかったわけじゃないと思う ヒロくんもやりすごしてよ」という台詞を思い出した。主人公が複数のブレーキを持っていたことは誠に幸運なことだ。

蓮が定義した「強さ」とは、誰よりも強くなるということではなく、一人で生きていけることだった。蓮は「強くなったよ」と言ったが、それは、多くの人間に支えられているという状態も含んでいた。知人や肉親など直接的にも、奨学金など社会的にも。


「とりたてて不満もないけど、わざわざ映画館に観に行く程でもなかった」という総括で。

【その他思ったこと】
生卵を不味そうに食うシーンがよかった。あれで実は美味しかったと描かれると不快だった」「蓮はボンボンやからもともと高級な卵食べてたんやろな」
・「鯨」の漢字が読めないのに「白鯨」を手にとって読む蓮、ナニモンだよ
・なお、イチロウヒコは漢字が読める模様
・能力で鯨を出現させるぐらいなら、コンプレックスだった長い鼻や牙をフィーチャーすべきだったのでは? 監督が鯨好きなのは伝わってきたよ
・異世界に迷いこむシーン千と千尋のオマージュっぽい
・渋谷の雑多なネオンとか地下鉄とかCGで見れたのはよかった
・ほんま閉館までわざわざ待機してイジメる高校生陰湿
・説明台詞が節々で気になった。「来た道がなくなった!」とか、「言ったことは曲げないような目をしている」とか、見れば分かる情報をわざわざ言葉で説明してしまっているあたりが、子供向けだなと感じる一因だった。「無い!無い!」というように、特にひとりごとでは明らかな目的語は省略されると思う。
・「バケモノ」ってポリティカリーにコレクトじゃないような印象を受けた。


ヤサシイワタシ(1) (アフタヌーンKC)

ヤサシイワタシ(1) (アフタヌーンKC)

*1:ただ、「バケモノの子」というタイトルは…まぁ、「弟子」という意味なのかもね。英訳はThe Boy and The Beastだし。或いは「おおかみこどもの雨と雪」との繋がりを想起させる、商業的必要性から?